【開催報告】富山県サッカー協会リスペクトワークショップ  [富山県サッカー協会]

2015年5月21日更新
昨日(4月29日)、富山県総合運動公園屋内ドームで「(公社)富山県サッカー協会リスペクトワークショップ」が開催されました。


日本サッカー協会から北野孝一氏(JFAインストラクター キッズ担当)、尾形行亮氏(ナショナルトレセンコーチ 北海道担当)、今井順子氏(JFA技術部)、遠藤善主氏(ナショナルトレセンコーチ 北信越担当/カターレ富山 地域育成普及ダイレクター)を講師陣に迎えて、富山県サッカー協会4種登録選手(小学校6年生)を対象として「RESPECT=大切に思うこと」をテーマに約2時間のワークショップが行われました。


ワークショップの最後に参加選手全769名が60グループに分かれて、各々が自分の大切に思うことを書いた“僕らのリスペクト宣言”は、直後に行われたJ3リーグ「カターレ富山 vs S.C.相模原」のコンコースに掲出されました。

[戻る]